石垣島へご家族で引越し!お子様の転校手続きはどうしたらいいの?

        

石垣島へご家族で移住される際、
お子様の通う学校への転校手続きはどのタイミングでどうやって行えばいいのか、
不安に思われる方も多いのではないでしょうか。

この記事ではお引越しから転校手続きまでの流れをご紹介させて頂きます。

 

1)書類の交付

お引越しのお日にちが決まったら、
まずは現在在籍されている小中学校から
「在学証明書」と「教科書給与証明書」の交付を受けてください。
担任の先生にお話をすれば、すんなりと交付してもらえるはずです。

2)書類の提出

石垣市の市役所(市民課)の窓口で、転入の届出(住民票の異動)を行います。
その際に「転入学通知書」をもらい、教育委員会窓口へ提出してください。

そして教育委員会窓口で、再度「転入学通知書」を受け、
前の学校から交付された「在学証明書」と「教科書給与証明書」 を添えて、転入学する学校へ直接お持ち頂きます。
これで晴れて転校手続きは完了です。

 

!要注意!
以前、お引越しと一緒にお車の輸送をされた方が、
お車の中に「転校手続きのための書類を置いた状態」で輸送されるというケースがありました。
その際、たまたま天候不良により船に遅延が発生し、
お車の到着が書類の提出日に間に合わない事態になってしまいました。

大事な荷物であっても、船の運行途中で荷物を取り出したり、到着した船から優先的に車を下ろすことができません。
大事な書類などは、輸送されるお車には載せないようにお願い致します。

 

3)高校の場合

高校の場合は少し複雑です。
各高校指定の出願書類を用意の上、在籍校の担当教諭から提出頂く必要が御座います。
まずは担任の先生にご相談されてみてください。

 

【石垣市の子育て環境】

石垣島は、南部の市街地エリアと北部エリアで全く人口密度が異なっており、 市街地エリアでは全校生徒の数も多く
また習い事の種類も豊富で、一般的な地方都市のような子育て環境が得られます。

北部エリアは各学校の全校生徒の数が非常に少なく(全校で10〜20人など)、
まさしく離島の小学校といった様相です。
生徒数に対する教員の数が多いため、
生徒のペースに合わせて教育を受けられるのが強みと言えそうです。

 

石垣島は言うまでもなく自然が豊かです。
ほとんどの小学校から自転車ですぐ海沿いに出ることができ、
いたるところでのびのびと遊ぶお子様の姿が見かけられます。

 

子育てにあたって、自然と一体となって暮らせる「離島」という選択肢は
大いに有用だと思います。

お引越しについてご質問がある際は、
ぜひ一度お気軽にアイランデクスにお尋ねください。

     

Uncategorized